裕遊字的(ゆうゆうじてき)

裕遊字的(ゆうゆうじてき) / 基本毎日更新。自由詩・単文の創作ページ。作者兼管理人:櫻庭健一

07月

裕遊字的 4109 平成26年7月26日(土)

好きだから
好きだから
呪文のように
心でつぶやき続ける

ホントにまだ
好きなのかな
言い聞かせているだけじゃないの
ままならない恋に折れそうな心

好きなんだ
好きなんだ
それでもつぶやき続ける
心のままに突っ走れ恋

字遊航海 平成26年7月26日(土)

「周囲、意識、就位式」編

>将棋の羽生名人、4期ぶり就位式 「来期も前進したい」(朝日新聞デジタルより)

(し)信じた道を
(ゅ)勇気を持って
(う)疑うことなく
(い)行くのです
(し)静かな闘志
(き)棋士の誇り

裕遊字的 4108 平成26年7月25日(金)

世界を変える
そんな気概を持っていたい

大口叩き?
そう言われてもいいよ

気概もなしの人生なんて
実に退屈なものだと思う

今、ぬるま湯に浸かっている
そんな自分を感じている

よしやってやる
明日は自分が創るものなのだから

字遊航海 平成26年7月25日(金)

「明日、キレ、ハビエル・アギレ」編

>サッカー日本代表:新監督にアギレ氏…元メキシコ代表監督(毎日jpより)

(ハ)破夢のあと
(ビ)ビッグネームは
(エル)得ること多し
(ア)明日の代表は
(ギ)ギラギラ輝く
(レ)歴史を作る

裕遊字的 4107 平成26年7月24日(木)

僕の命が永遠になる
不老不死って意味じゃない
自分が生まれたこと
自分が生きたこと
それは消えない
それは消せない
僕は命をたいせつにする
いつかは必ず失うこの命
有限だけれど無くならない命
これは矛盾なんかじゃない
生まれたことを
生きていることを
しっかりと刻もう
しっかりと歩いていこう

字遊航海 平成26年7月24日(木)

「光栄、正道、豪栄道」編

>【大相撲名古屋場所】豪栄道、低さと圧力で当たり勝ち(MSN産経ニュースより)

(ご)ごっつぁんです
(う)横綱(うえ)を倒して
(え)鋭気満々
(い)今は一番一番
(ど)土俵に集中
(う)浮つくことなく

裕遊字的 4106 平成26年7月23日(水)

今わかった
気持ちに気付いた
自分の気持ちに

もう逃げられない
もう逃げない
向き合おう

最善策の敵は最低の策じゃない
最善策のほんとうの敵は次善の策
それに気付いたんだ

今の自分にとって
一番正しいことをしよう
自分の気持ちに正直になろう

字遊航海 平成26年7月23日(水)

「どうか、組んだ、ドゥンガ」編

>サッカー・ブラジル代表監督にドゥンガ氏 4年ぶり復帰(朝日新聞デジタルより)

(ド)ドイツを追い越せ
(ゥン)運だけじゃ勝てない
(ガ)頑張れブラジル

裕遊字的 4105 平成26年7月22日(火)

ありがとう
嬉しい気持ちをくれて
ありがとう

ありがとう
優しい想い出をくれて
ありがとう

ありがとう
この愛を
ありがとう

字遊航海 平成26年7月22日(火)

「追う、魂、黄金バッテリー」編

>21日の阪神―巨人戦の始球式に、阪神でかつて「黄金バッテリー」と呼ばれた江夏豊氏(66)と、田淵幸一氏(67)がバッテリーを組んで登場した。(YOMIURI ONLINEより)

(お)往年を思い出す
(う)嬉しい思い
(ごん)言句で足りず
(バ)場所は甲子園
(ッ)追憶のセレモニー
(テ)天才が投げ
(リー)リードも天才