裕遊字的(ゆうゆうじてき)

裕遊字的(ゆうゆうじてき) / 基本毎日更新。自由詩・単文の創作ページ。作者兼管理人:櫻庭健一

30日

裕遊字的 4417 平成27年5月30日(土)

いいものを見させてもらった
将棋名人戦
張り詰めた空気
それでいて実に人間くさい

ああこれが人間なんだ
コンピューターには出せない味
駒で会話する棋士たち
彼らを僕は尊敬する

心地よく眠りにつき
早く目が醒めて走った
どれもこれも幸せだ
将棋と棋士たちに感謝

今日も笑顔で過ごせる
明日も笑顔で迎えられる
未来がどうなるかはわからなくても
未来の可能性を信じられる今でした

字遊航海 平成27年5月30日(土)

「覇気、眼に、羽生名人防衛」編

>将棋・羽生名人が防衛 単独3位の名人9期目に(朝日新聞デジタルより)

(は)果てのない
(ぶ)武器を持たぬ戦い
(め)名士がみせた
(い)生く可能性
(じん)人智無限
(ぼ)僕は見た
(う)動いた山を
(え)栄冠は羽生さん
(い)今君に輝く