字遊航海航跡

ニュースを使って言葉遊び ほぼ毎日更新!

見たい日付をクリックしてね!

平成20年4月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30
夢見 生(ゆめみ いきる)

裕遊字的(ゆうゆうじてき)トップページはこちら

<<<<<>>>>>
----平成20年4月-----

私にはフレッシュマンという体験がない
大学は高校からのエスカレーターだったし
大学を卒業しても就職せずに長い闘病生活

あえて言うなら高校入学の時か
あの入学式は新鮮だったな

私は地元の公立中学から私立高校に進学した
過去3年は自分の中学からこの高校に入学した人はいない
文字通り友達も知り合いも一人もいないところから
私の高校生活はスタートした

当時は今ほど社交的ではなかったが不思議なくらい順応できた
常にどの派閥にも属さないというのは私の友達付き合いの特徴だ

高校3年間で私の人間的な基礎が形成されたと言ってもいい
中学は「荒れていた」からそこから逃げ出したいというのも
見ず知らずの私立高校へ進学の動機としてあったと思う
中学の卒業式にその筋の人と全く正反対のその筋の人
二重の人の輪に学校が囲まれるというのは気持ちのいいものではない
自分にとってのフレッシュな春というのは
高校入学のこの時が最初で最後だったかもしれない

ええい、ここまで言ったのだから恥を晒しちゃいます
この高校、補欠入学で滑り込んだのでした

平成20年4月1日:夢見 生
>>>>><<<<<